Print This Page Print This Page

記帳の仕方や決算、申告について相談したい

帳簿の記載や伝票の仕訳処理、決算・申告の仕方についてのご相談に応じています。

青色申告について

青色申告で経営の合理化と節税が図られます。

◎青色申告制度とは

不動産所得・事業所得・山林所得などがある人が、税法に従った帳簿の記帳をし、税務署へ「青色申告の承認申請」の承認を受け、青色の申告書で申告する制度です。青色申告をすることによって税法でいろいろな特典が認められます。

◎青色申告の承認申請について

青色申告をする場合は、青色申告しようとする年の3月15日までに所得税の「青色申告承認申請」を税務署に提出しなければなりません。ただし、年の途中で開業した人は、開業日から2ヶ月以内に提出が必要です。

◎青色申告の特典

主な特典は下記の通りです。
<青色申告特別控除>
所得を計算する際に控除するものです。

所得控除額 記帳帳簿 作成決算書類
10万円 簡易帳簿 決算書の損益計算書
65万円 複式簿記 決算書の損益計算書と貸借対照表

記帳している帳簿・作成する決算書類によって控除額が違います。
<青色専従者給与>
原則として家族に対して支払う給与は経費として認められませんが、青色申告をしている人は届出を税務署にすることによって専従者給与として経費算入する事が出来ます。
ただし、次の要件を満たすことが必要です。

(要件)

  • 年齢がその年の12月31日現在で15歳以上であること。
  • 青色申告者(事業主)と共に生活をしている事。
  • 青色申告者(事業主)の経営する事業にもっぱら従事すること。

<純損失の繰越控除>
事業所得などに赤字が出たとき、その赤字額を翌年以降3年間は各年の所得から差し引くことができます。

※青色申告会にもぜひご加入を!

記帳代行のご案内

商工会議所では、個人事業主を対象に記帳を専門的に指導する記帳専任職員を配置して、一貫した継続指導を行っております。
帳簿のつけ方から決算・申告まで、年間継続して指導・作成致します。
毎月日計表や関係預金等の提出をいただき帳簿を作成します。日計表の記入のみなので、日々の面倒な記帳作業の手間から離れ営業に専念されたい方へお勧めです。記帳代行は毎年契約更新となります。記帳代行料は毎月7,560円と確定申告作成手数料を別途(7,560円もしくは10,800円)いただきます。正しい記帳は融資の申込や税務申告の基礎であり、経営改善の道しるべとなります

関連する記事一覧

北上商工会議所へはこちらから。

広告エリア