2018/11/01

労働保険加入手続きをされていない事業主様へ

 岩手県内では中小零細事業を中心に、相当数の労働保険(労災保険・雇用保険)の未手続事業が存在しております。これを受け、岩手労働局と関係団体が協力し未手続事業解消のため指導を行っております。 

 未加入の事業主様は、北上商工会議所に加入手続きの依頼をすることができますので、当所労働保険担当までご連絡ください。 

 ご参考までに労働保険の概要を下記に記載していますので、未加入の事業主様はご一読くださいますようお願い申し上げます。

 労働保険とは

  労働保険とは、「労災保険」と「雇用保険」の総称です。

  労働者(パート・アルバイト含む)を1人でも雇っている場合、労働保険に加入する義務があります。

  「労災保険」は、労働者が業務上の事由または通勤による負傷等に対し必要な保険給付を行うものです。

  「雇用保険」は、労働者が失業した場合等に保険給付を行うものです。

  労働保険は、政府が管理・運営している強制的な保険であり、原則として労働者を一人でも雇っていれば、事業主は加入手続きを行い、労働保険料を納める必要があります。

  もしも、事業主が故意または重大な過失により労働保険に加入しなかった場合、労災事故が起きて労災給付が行われた際に、事業主に遡求して労働保険料を徴収するとともに、労災給付に要した費用の一部を徴収することになります。

※詳細については岩手労働局HPに掲載していますので、下記URLをご参照ください。

https://jsite.mhlw.go.jp/iwate-roudoukyoku/roudoukyoku/gyoumu_naiyou/soumubu/tyosyu.html

 

 

 

 

 


北上商工会議所へはこちらから。

広告エリア