2017/09/29

第30回中小企業優秀新技術・新製品賞募集のご案内

【公益財団法人りそな中小企業振興財団よりお知らせ」

公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、中小企業の技術振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に、昭和63年から「中小企業優秀新技術・新製品賞」を設け、中小企業の皆様が開発した優れた「新技術・新製品」と「新ソフトウエア」を毎年表彰しています。今年度は第30回を実施。一般、ソフトウエアの両部門とも、たくさんのご応募をお待ち申し上げております。

◆締切・発表・審査等について(一般部門、ソフトウエア部門共通)
応募受付開始
平成29年9月4日(月)

応募登録締切
「応募登録」は12月8日(金)午後5時に締切ります。

応募締切
平成29年12月8日(金) 【午後5時必着】

応募受付
りそな中小企業振興財団、または日刊工業新聞社(日刊工業産業研究所)にて受け付けます。応募書類とCD等を送付してください。
※りそな中小企業振興財団の住所(財団住所が平成15年9月に変更となってますのでご注意ください。)
発表と贈賞式
受賞作品は、平成30年4月上旬の日刊工業新聞紙上に発表するとともに、応募者全員に結果を通知します。贈賞式は、平成30年4月の開催を予定しています。

特別賞(併賞)
  ○産学官連携特別賞
部門表彰作品のなかで、大学などの研究・試験機関が技術指導面などで貢献していた場合に、当該研究機関の担当者個人(原則、最も貢献度の高い方1名)を併せて表彰します。
数件程度。表彰状、盾を贈呈。
  ○環境貢献特別賞
部門表彰作品のなかで、特に環境に貢献すると認められる作品を併せて表彰します。
数件程度。表彰状を贈呈。

審査
学識経験者、主催関係者などで構成される審査委員会および各分野の専門家による専門審査委員会において厳正かつ公正に審査します。
審査は、「優秀性」「独創性」「市場性」を中心に行い、「中小企業らしさ」「環境への配慮」「社会的有用性」なども考慮します。
本賞は原則として書類審査です(ただしビデオの提出依頼、実地調査や実演による動作の確認を行う場合もありますので予めご了承ください)。応募書類の記載に誤りや他の権利等の侵害があると判明した場合は、発表後であっても贈賞を取り消しまたは留保することがあります。
審査結果の理由や途中経過など審査に関するお問い合わせには、一切応じかねますので予めご了承ください。
応募変更ないし取下等の場合は、その旨のご確認書面をご提出いただきます。

 

詳しくは、公益財団法人りそな中小企業振興財団ホームページをご覧ください。

http://www.resona-fdn.or.jp/

 

 


北上商工会議所へはこちらから。

広告エリア